「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:日常の風景( 42 )

もうなくなってしまった祖母の話。

一軒家に住んでいた祖母は毎日毎日家の前の道路をはいていた。
近くに林があったので秋には木の葉が沢山散って大変だった。

そして、家の前をはき始めると自分のところからどんどんどんどんはき続け、
隣のうち、その隣のうちと遠くへ行ってしまっていた。

亡くなる前にはそれはさらにエスカレートし、車を心配する私たちをよそに
角を曲がり、隣のブロックまで・・・・。

気がつくと見えなくなって父や母はとても心配した。
「そんなに遠くまで行かなくてもいいのよ」
と言う母に
「でもここをやったのにお隣はやらないって言うのは・・・・」
と祖母。

そんなものかなあと思っていた。

私は今マンションに住んでいて恥ずかしながら、
あまり玄関先の掃除をしたことがなかった。
でも今朝、何の気なしに玄関から出て廊下を掃き始めたら

あら。
止まらない・・・・・・・。
こういうことだったのね。おはあちゃん。

どこまでやっていいか解らない〜〜〜〜〜。
確かに「ここでやめていいのか??」
って言う気になる。
そういうことだったのね。おばあちゃん。


なんだかばあちゃんがにやにやして見ている気がした。
[PR]
by whitemirror | 2009-04-06 08:57 | 日常の風景
b0159216_948935.jpg

去年も話題にしたご近所の玄関先のおたまじゃくし
ちょっと見づらいのですが。

今年もやってきました。
お玉の季節。
今年はできるだけ中継しちゃおっかなって。

でもね、お天気悪いとうまくとれないんだなあ。

今日は朝からほんとにいろんな花にあった。
うぐいすも啼いてたしね。
[PR]
by whitemirror | 2009-03-25 09:48 | 日常の風景
夕方、ベランダの植物をいじっていたら、
土を取っておいた袋の下にみみずさんが〜〜。

びっくり。
ベランダなのに。
どうやってきたんだろう????
でもね、ありがと、ミミズ君。
大事に鉢に戻させていただきました。これからもよろしくね。
[PR]
by whitemirror | 2009-02-05 17:20 | 日常の風景
あんまりにもまるくくるりんとなっていたので。b0159216_1463248.jpg

ちゃーちゃん、なんと17歳。
食べたら寝るのです。


b0159216_1473993.jpg

気持ち良さそうな正月だね。
[PR]
by whitemirror | 2009-01-03 14:09 | 日常の風景
あれ?
8時59分59秒の次は9時00分00秒では?

今年に限り、3年に一度のうるう秒なんですって。

それが見たくて起きました。
ちなみにこれを表示することができる時計は日本には3つしかないとか。

こちらのサイトでは59分60秒が表示されるということで時計をいっぱいならべてまってました!

http://www3.nict.go.jp/cgi-bin/JST.pl

時って不思議だねえ。
いろんなことを調整してるのに、意外に気がつかないもんね。

b0159216_916048.jpg

[PR]
by whitemirror | 2009-01-01 09:17 | 日常の風景
満月だったね。
まんまる、ぴかぴか。

真夏の満月はちょっと黄色い。
昨日の月は随分銀色だった、
冬に近づいてるんだね。

お月様も同じものは何にもないね。
今日のお月様も見えるかな?
[PR]
by whitemirror | 2008-10-16 08:31 | 日常の風景
昨日、帰宅する時に、金木犀が香った気がした。
「あ、秋だなあ」
そう思って見回したけど、まだ金木犀の木には花が見えない。

気のせいなのかなあ。


それとも、もうすぐ花が咲くよ!!
って木が主張してるのかも。

早く町中が金木犀の香りに包まれる時期が来るといいなあ。

いい〜〜匂いがするとそれだけでハッピーが1個増えるもんね。
[PR]
by whitemirror | 2008-10-03 09:45 | 日常の風景
すこし朝の散歩に行かれずにいました。

久しぶりに出かけていった朝の神社に古代蓮のはなが。

ああ、蓮華だね。

ふんわりと優しい色だね。

しばらく見なかったらあっという間に咲いてたんだね。

泥んこの中からすっとのびきった茎と
その上に一つだけ大切に咲いている
蓮華
素敵に淡い色合いで包み込むように。

ありがとう!
柔らかい気持ちになりました。



b0159216_19521695.jpg
b0159216_19524750.jpg

[PR]
by whitemirror | 2008-08-12 19:53 | 日常の風景
一目惚れしたら告白だ。
告白してうまく行けばおつきあい?

と言うことで今、私は一目惚れの彼とつきあっている。
毎日朝に夕に彼に抱かれて雲や太陽や月や星を眺めている。
う〜〜〜。幸せ。

そしてもっと幸せなことに彼には双子の弟と、友達がいた。
みんなみんなうちにいてくれる。
時々私は浮気する。双子の弟と。
本やワインやお茶を友達の上において。

これからの季節、雨が降ってきたら私はとたんに過保護な女になるでしょう。
彼等みんなを屋根の下に運び込んで。

さて今日も良いお天気を一目惚れの彼と一緒に過ごすことにしましょう。

日焼け止めはしっかりとね。
b0159216_17243924.jpg
[PR]
by whitemirror | 2007-06-12 16:42 | 日常の風景
久しぶりの一目惚れです。
椅子です。
近所のアンティーク雑貨屋さんのリニューアルで出会っちゃいました。
椅子に「座ってみて」と惹き寄せられてしまいまして。
ああ、なんとも座り面のカーブが私にしっくり。
「この椅子に座って昼下がりにお外で本が読んでいる」私の風景が、見えちゃいました。
ああ〜〜。
fallin' love!

ディテールのぐるぐる螺旋もさることながら
わずかに傾くリクライニングが本当に秀逸!このおかげで「本を読む私」が完成です。



しかしお店から我が家まで約1kmくらい?
配達はしていない、自転車には乗らない、車はない。
どうしましょ〜〜〜〜。



結果、担ぎました。夕方の住宅街を椅子を担いだ女が一人。
いいんです。惚れちゃったもの。
早速ベランダにおいて写真撮影。
がぜん苗もの買いに行きたくなりました。
そのうち咲き乱れるトマトの花(あくまで食べられるもの!)と椅子、なんて言う写真があげられるかもしれません。
待っててね。
b0159216_17263478.jpgb0159216_17265352.jpg
[PR]
by whitemirror | 2007-05-07 17:25 | 日常の風景