カテゴリ:日常の風景( 43 )

久しぶりの一目惚れです。
椅子です。
近所のアンティーク雑貨屋さんのリニューアルで出会っちゃいました。
椅子に「座ってみて」と惹き寄せられてしまいまして。
ああ、なんとも座り面のカーブが私にしっくり。
「この椅子に座って昼下がりにお外で本が読んでいる」私の風景が、見えちゃいました。
ああ〜〜。
fallin' love!

ディテールのぐるぐる螺旋もさることながら
わずかに傾くリクライニングが本当に秀逸!このおかげで「本を読む私」が完成です。



しかしお店から我が家まで約1kmくらい?
配達はしていない、自転車には乗らない、車はない。
どうしましょ〜〜〜〜。



結果、担ぎました。夕方の住宅街を椅子を担いだ女が一人。
いいんです。惚れちゃったもの。
早速ベランダにおいて写真撮影。
がぜん苗もの買いに行きたくなりました。
そのうち咲き乱れるトマトの花(あくまで食べられるもの!)と椅子、なんて言う写真があげられるかもしれません。
待っててね。
b0159216_17263478.jpgb0159216_17265352.jpg
[PR]
by whitemirror | 2007-05-07 17:25 | 日常の風景
数日前、暖かい日だった。
電車に乗っていたら工事中のビルの屋上が見えた。
狭い鉄骨の上に仰向けに寝転がる男性が一瞬見えた。
頭の後ろで手を組んで、空を見上げていた。
雲一つない空を。

一瞬、私の視線は彼の視線になったのかもしれない。
四角く鉄骨に切り取られた、真っ青な空はとても美しかった。

ほんとは見えるはずないのにね。

人の脳は現実と空想の区別をしていないと言うことを
一日のうちに2回聞いた。
きっとほんとだ。

私にはあのとき確かに鉄骨の向こうの青空と太陽が見えたのだから。
[PR]
by whitemirror | 2007-02-08 14:29 | 日常の風景
夜歩き。
お空を見上げるとくもの向こうがほんのり明るい。
お月様
歩いていると雲の切れ間から顔を出す。
私の帰り道を送ってくれるみたいに。
玄関につく頃、また別の雲の影。

お見送りありがとう。
満月にはちょっと足りない、完全になりきらない。
でももうすぐ丸くなる。そのちょっと足りないが素敵な感じでした。
[PR]
by whitemirror | 2007-01-31 22:28 | 日常の風景