大好きなお友達の桜乃まゆこちゃんの公演を観に行かせていただきました。
b0159216_22562013.jpg

いのちをいただく〜ゆるりら的いただきますの心〜
「いのちをいただく」内田美智子さん、諸江和美さん著の絵本を題材にした
パフォーマンスでした。

生きるということ、食べるということ、いのちをいただくということ
そして、「いただきます」の言葉の意味

それをもう一度心に刻んでくれる素敵な公演でした。

生きることはたべること、生きることは殺すこと、生きることはいただくこと。
それはいのち、そのものを、そしてその食べ物に関わるたくさんの人たちの命の時間をいただくこと。

「いただきます」その言葉に込められた深い感謝。
毎日のいただきますがもっともっと大切になる。本当に素敵な公演でした。

公演はもう1回、11月24日にもあります。お時間のある方は是非、
詳しくはこちらを見てください。
b0159216_22563203.jpg

I watched the performance of my wonderful friend Mayuko today.
The performance was " Inochi wo Itadaku" = receiving the life.
It was based on the picture book about the butcher and his son,also the beef cattle and her young girl owner.
It reminds me how much life I have to kill to live, how much people involve to grow,kill, carry and cook the food for me. People can not live all alone. Every single life made to live by some others.

"Itadakimasu" is the beautiful Japanese word that I really want whole world to know.
We use this word before we start eating.

"itadaku" means receiving with respect and gratitude.
"Itadakimasu" is the gratitude to the life who gave it to me, and also to the people who spent time for my food such as growing, killing carrying and cooking.





[PR]
映画レ・ミゼラブル、 見てきました。
主演のヒュー・ジャックマン、X-Menしか知らなかったけれど、年齢によって見事に姿を変えて行く。
ジャベールのラッセル・クロー、やはりいい役者さんです。

内容は触れませんが爆泣きです。
分かってました。ハンドタオル用意してみてました。
ガブローシュが可愛いのです。

そしてミュージカル映画なので音楽がいい!
歌はいいです。本当に。
歌いたくなりました。

もう一回見たいなあ。
[PR]
あけましておめでとうございます!
今年はなんだかいいことがあるようなそんな気がしている新年です。

去年末に選挙があり、政権が変わったことで何か変化があるのか?
それは良い方なのか?なんて少しまじめなことを考えつつ、

私自身は私の信じることをやっぱり続けて行こう、
体の感覚を信じて、NiaのBody's wayを続けていこう、
思うのです。

カラダは答えを知っている。
今あるカラダは今までのカラダの結果。
すべて正解。
時間はかかるかもしれないけれど、
カラダが良いと感じることをする。
それだけ。
シンプル。
風邪を引いたり、怪我をしたりも
それもカラダの声。
ちゃんと聞いてあげよう。

そして今年はすこ==し、強くなりたいな。
[PR]
一緒に舞台をさせていただいた長野みのる君の舞台を観に行かせていただきました。

あけぼの荘の空の下

昭和45年15歳だった、3人組のいたずら小僧たちとマドンナな女の子。
40年後に同じ町の同じもんじゃやで再会して・・・・。

人情と友情と、そして切ない初恋と。
好きだったなあ。ほかほかする感じ。
私が子供だった頃、近所に絶対いた怒る駄菓子屋のおばちゃんがいたり、
夜出かけてると先生にあっちゃって、「早く帰んなさい!!」
って怒られたり。
いたずらしたら知らないおじさんに怒鳴られたり。
町が子供を守ってくれて、育ててくれてたなあ。

今はどうなんだろう?
マンションの中にすむ子供の顔さえ知らない。
怒ると何されるか分からないから大人も怒らない。

ん==>.<

やっぱりちゃんと怒ろう。いけないことは,いけない!



そして長野君は今回意地悪〜〜〜〜〜な役。
いや、小憎らしかった。
蹴っ飛ばしてやろうかと。

ホントの彼とは違うと思うんだけどね。

余談ですが、座・高円寺,素敵な劇場でした。空間が広くて好き。

チャリでがんばって往復したのですが、
帰ってからストレッチしないで寝たら
夜中に筋肉痛で目が覚めました!

教訓:
ストレッチはしよう!!!!!
[PR]
週末はArt Steps 主催の発表会を観てきました。
昨年舞台をご一緒した方がHipHopのステージに立つと言うことで。
Aさんおつかれさま。
初のHIPHOPなんだか興味津々。
イメージが良い人なのでbadboys風が新鮮でした。

観ていて思ったこと。

踊りにはカウントが見えてしまう踊りと音楽が見える踊りがある。
経験と感覚なのだ。

踊りを覚えるとき1,2,3,4とカウントしながら覚えるときと
メロディアスに覚えていくときとある。

カウントが見えてしまうと動きがぶつぶつして見える。
1と2の間に空白ができる。
でも空白の間も音は続き、流れているのだ。
無音でさえも音

良いなあと思ってみていた作品ではカウントではなく、音が見えた。
あ、こういうの好きだなあ。

音と音がつながって流れるように見えていった。


音楽。なんだ
[PR]
お知り合いである清水まことさんの個展に伺いました。

場所はこちら藍画廊

立体だけでなく、平面やコラージュなどいろいろ。

見る者の視点を変える、見る者が作品となるもの。
デザイン的なもの、色の美しいもの。
大きなニジンスキーの「牧神の午後」も美しかったなあ。

あまりアートを語る言葉を持っていないのだけれど、
清水氏の今までと今があるんだなとわくわくした。

時代に寄る色使いのちがい、興味の違いが見えて楽しかった。

一番のお気に入りは「西瓜糖」という作品。
青緑の色彩がとてもきれいだった〜〜。
[PR]
いってきました。

金色と極彩色の仏像。
日本にある仏教徒は全く違うものと言ってもいいチベット仏教の仏像や神々の数かず。

日本の仏像はわりとまっすぐなものが多いけど
(中宮寺の半跏思惟像、東慶寺の水月観音とかは動きがあるけど)
こちらは躍動的でかっと見開いた目や憤怒の表情が印象的。

澄んだ空気の中でみるこれらの色彩はきれいだろうな。
それに音。

マントラの声、鈴や鐘の音、あの高地できいたら
もっと違う音に聞こえるのかも。
[PR]
お正月、久しぶりに映画を見てきた。
大森美香監督のプール

小林聡美さんともたいまさこさん、加瀬亮君がでている
一連の作品の一つ。

舞台はタイ、チェンマイ。
プールのあるゲストハウス。
詳しいストーリーは書かないけれど
感じたことを少しだけ書いておこうと思う。

訪れる人、飛び立つ人。
待つ人、迎える人。

飛び立つ人に見えた人が実は待つ人で
迎える人だと思った人が飛び立つ人だった。

私はどちらだろう。
どちらだろう?


あなたはどちらですか?


そんな話をしていたら、一緒に行った人がひとこと。


「どっちでもあるんじゃない?」




あ、そっか。
ある場所から観れば飛び立つ人。
違う人の立場からすれば私は迎える人。

どちらにもどちらにも。
自由でいいんだった。

この映画、いいですよ。
よかったら観て下さい。
まだもうすこしやってるみたいだし。
何よりこのさっむいシーズンに、
南国タイの風景はあったまりますよ〜〜。
[PR]
日曜日に新国立劇場で本島美和さんの
ドンキホーテ観に行かせていただきました。

ドンキホーテはバレエの演目の中でもわたしの大好きな演目。
元気でコケティッシュで色鮮やか。
民族舞踊も沢山入ったラテン系ののりのり。

今回も美和さんはとってもキュートでコケティッシュ。
バジルを演じた福岡雄大さんは
「あ、この人の舞台をもっと観たいなあ」と思うような
素敵なダンサーでした。
いやあ、よく跳ぶ。
安定感のある回転だったし。
表情も素敵でした。
チューリッヒのバレエ団にいた方なのですね。
今年のソウルで行われたコンクールでも優勝しているようです。

今後、来シーズンの新国立で躍って下さるようなので
是非また観に行きたいと思います。


b0159216_1217454.jpg

[PR]
アートライブ

あ〜〜、笑った。
ほんとに心からわっはっは〜〜でにっこにこ。
見るだけど、感じる。その中にいる。
そんな感じ。

耳に残って口ずさんでしまう、チャキヤキ
太鼓の音と観客がたたく手拍子と、音楽がその場で出来上がって広がっていく。
踊りが広がっていく。

イケコさんのマイムダンス。
シャープでソフトで、変幻自在。
なのにほっとする。
表情と動きだけでいろんなことが伝わっていくマイムって面白いなあって、
改めて思わせていただきました。

Sueちゃんの「真理子の部屋」
どんどん広がっていく話。
観客をも巻き込んでゆく言葉たち。
そして笑顔。
伝えたいことがこっそり伝わってくると思うのは私だけ?

そして虹さんの舞踏
地下のスペースなのに、なぜか太陽が見えて、大地が見えてくる。
舞踏の持つイメージを思い切り払拭する、あったかい踊り。
清々しく、新しくなる。
すてきなベビーが生まれますように!

そして観客の皆さん。
素直に笑いや感動の中に入り込んでいくことができる、
そのオープンさがやっぱり素敵だ。

都合で急いで失礼しなくてはならなかったけど、
本当にみんなありがとうございました。

またその場にいたいな。
emoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gif
[PR]