「ほっ」と。キャンペーン
オレゴンの空たち。
雨の季節が終わってどピーカンの続く夏は空が澄んで美しい。
ここにいたら太陽が、空気が、空が大好きになる。
b0159216_1728946.jpgb0159216_17282337.jpg
[PR]
by whitemirror | 2007-06-29 16:49 |
この時期、ポートランドはファーマーズマーケットが盛んです。
水曜日には町のあちこちでマーケットがたちます。
オーガニックの野菜や果物。
特にこのシーズンはオレゴンはベリーの宝庫。
ストロベリーに始まって、
ブルーベリー、
ボイズンベリー、
ブラックベリー
ラズベリー
ベリーが一杯!なんてハッピー
ある日のランチはこんなベリーを山盛りでした。
自分が買わなくても結構みんなでシェアしあって。
それにチェリーも沢山です。b0159216_17361163.jpg
[PR]
by whitemirror | 2007-06-27 16:57 |
昼間のリスはーちょっとちーがーうー♪

昼間のリスはーー走ってる〜〜♪


ポートランドには街中にリスがいます。
滞在中研修のため毎日6時にお家を出ていた私の前に
現れていたのは朝ご飯中のリスたち。

昼間のリスはかなりすばしっこいのですが、もしかしたら朝は彼等もぼっとしてるのかもしれない。
よく至近距離で見かけていました。

リスと言うとなんだかかわいいイメージですが、結構シュール。
みなさんはリスが笑うと言うことをご存じでしょうか?

1日目、1mくらいの距離でばっちりリスと目が合った私。
慌ててカメラを!と思っているうちにそいつは人の顔をじ^^っと見てから走り去っていきました。

次の日、今日こそはとカメラを構えて歩く私の背後から
「くけけけけけけっ」と言う声。
はっと振り返るとそこには私を皆が笑うリスの姿。
慌ててシャッターを切りましたがこのざま。
思いっきりばかにされました。
くやし〜〜〜〜。b0159216_17371242.jpg
[PR]
by whitemirror | 2007-06-25 16:46 |
唐突ではあるけれど、オレゴン、ポートランドにいます。
そして私は本当にこの街が大好き。
時間の流れ方も、人も、気負いのなさも。
お友達のおうちに泊めていただいて早2日
東京のように長い夜もなければ騒がしい街もない。
あるのはただ自然に愛された植物と青い青い空と
リスやブルージェイや名前もわからない鳥たちの声。
コーヒーを買って、街を歩くスピードもどんどんゆっくりになる。
オーガニックのマーケットに出かけ、本当においしい野菜と果物、それを必要なだけ買う。
作った人と話をしながら、時にはつまみ食いをしながら。

この町にいると微笑むことを思い出す。
すれ違う人とおはようと言えることを思い出す。
下を向いて歩く東京の朝ではなく、ちょっとだけ微笑んで、
道を譲って。
人とともに生きてるこの街が好きだ。

東京に戻ってもその微笑みは忘れないでいたいなあ。
[PR]
by whitemirror | 2007-06-24 16:45 |
ようやっと書けそうな気がしてきました。
ashes and snow,
グレゴリー・コルベール。
難しい言葉も、解釈も分かりません。
それでもなお、染み渡るようにこころが、カラダが動いていました。
わたしにとってはやはり写真よりも映像の方がココロ惹かれるものがあり、踊る女性の姿に、しばし見とれていました。

ある人は嘘だよといいました。
ある人はあり得ないでしょうといいました。
私は信じていたいと思いました。
人と動物の、そして人と自然の境界線のなさを。
人と動物を隔てているもの、それは何だったのだろう?
この写真と映像を見るうちにそれは人の、人としての知識による思い込みだったのではないんだろうかと感じていました。

人が人としてではなく、一つの有機物として何の気負いもてらいもなく自然の中に入り込んでいったときそこにはきっと境界線は存在しなくなる。
人も動物も、草木も水もただ、そこにあるもの。
自然の一部で宇宙の一部。
Unite なのだと。

私の中に動物の動きがあり、私の中に水の動きはある。
そして誰の中にも。

なんだかうまくは言えないけれど
静ひつな美しい写真でした。
24日までやってます。
お時間のある方はぜひ一度。
http://www.ashesandsnow.org/jp/index.php?page=/en/home.php
[PR]
一目惚れしたら告白だ。
告白してうまく行けばおつきあい?

と言うことで今、私は一目惚れの彼とつきあっている。
毎日朝に夕に彼に抱かれて雲や太陽や月や星を眺めている。
う〜〜〜。幸せ。

そしてもっと幸せなことに彼には双子の弟と、友達がいた。
みんなみんなうちにいてくれる。
時々私は浮気する。双子の弟と。
本やワインやお茶を友達の上において。

これからの季節、雨が降ってきたら私はとたんに過保護な女になるでしょう。
彼等みんなを屋根の下に運び込んで。

さて今日も良いお天気を一目惚れの彼と一緒に過ごすことにしましょう。

日焼け止めはしっかりとね。
b0159216_17243924.jpg
[PR]
by whitemirror | 2007-06-12 16:42 | 日常の風景