「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

きょうはどうも偶然の出会いの日らしい。
クラスが終わった後の駅、一台乗り遅れて電車を待っていたら、
半年ぶりくらいの友達に会った。
クラスの後あまり話したことのなかった方と話したり、
お声をかけていただいたり、
電車に乗り遅れたり。
普段とちょっとずつ違う行動の結果、彼に会うことになったのだ。

偶然で不思議で面白いね。
[PR]
by whitemirror | 2010-04-21 17:38
一緒に舞台をさせていただいた長野みのる君の舞台を観に行かせていただきました。

あけぼの荘の空の下

昭和45年15歳だった、3人組のいたずら小僧たちとマドンナな女の子。
40年後に同じ町の同じもんじゃやで再会して・・・・。

人情と友情と、そして切ない初恋と。
好きだったなあ。ほかほかする感じ。
私が子供だった頃、近所に絶対いた怒る駄菓子屋のおばちゃんがいたり、
夜出かけてると先生にあっちゃって、「早く帰んなさい!!」
って怒られたり。
いたずらしたら知らないおじさんに怒鳴られたり。
町が子供を守ってくれて、育ててくれてたなあ。

今はどうなんだろう?
マンションの中にすむ子供の顔さえ知らない。
怒ると何されるか分からないから大人も怒らない。

ん==>.<

やっぱりちゃんと怒ろう。いけないことは,いけない!



そして長野君は今回意地悪〜〜〜〜〜な役。
いや、小憎らしかった。
蹴っ飛ばしてやろうかと。

ホントの彼とは違うと思うんだけどね。

余談ですが、座・高円寺,素敵な劇場でした。空間が広くて好き。

チャリでがんばって往復したのですが、
帰ってからストレッチしないで寝たら
夜中に筋肉痛で目が覚めました!

教訓:
ストレッチはしよう!!!!!
[PR]
私の愛してやまないNiaをNYで体験した方の記事がBjournalにて紹介されています。
こちらをクリック!

是非読んでみて下さい。
Niaの持つ力。
ホリスティックなからだとこころとのつながり。
素敵な写真とともにご紹介くださっています。
[PR]
by whitemirror | 2010-04-11 13:50 | Nia的body
週末はArt Steps 主催の発表会を観てきました。
昨年舞台をご一緒した方がHipHopのステージに立つと言うことで。
Aさんおつかれさま。
初のHIPHOPなんだか興味津々。
イメージが良い人なのでbadboys風が新鮮でした。

観ていて思ったこと。

踊りにはカウントが見えてしまう踊りと音楽が見える踊りがある。
経験と感覚なのだ。

踊りを覚えるとき1,2,3,4とカウントしながら覚えるときと
メロディアスに覚えていくときとある。

カウントが見えてしまうと動きがぶつぶつして見える。
1と2の間に空白ができる。
でも空白の間も音は続き、流れているのだ。
無音でさえも音

良いなあと思ってみていた作品ではカウントではなく、音が見えた。
あ、こういうの好きだなあ。

音と音がつながって流れるように見えていった。


音楽。なんだ
[PR]
お知り合いである清水まことさんの個展に伺いました。

場所はこちら藍画廊

立体だけでなく、平面やコラージュなどいろいろ。

見る者の視点を変える、見る者が作品となるもの。
デザイン的なもの、色の美しいもの。
大きなニジンスキーの「牧神の午後」も美しかったなあ。

あまりアートを語る言葉を持っていないのだけれど、
清水氏の今までと今があるんだなとわくわくした。

時代に寄る色使いのちがい、興味の違いが見えて楽しかった。

一番のお気に入りは「西瓜糖」という作品。
青緑の色彩がとてもきれいだった〜〜。
[PR]