<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

八戸、
縁あって、行くことが多くなった街。
(ありがとう、ぶーちゃん、ちえぞうさん)

震災後初めて八戸降り立つ。
ずっと行きたくて、でも行っていいのか迷っていて
背中を押してくれたちえぞうさん。
ありがとう。

駅に着いたとき涙が出そうになった。
私の魂が好きと言っている街。
二つ目の故郷と思っているオレゴンとどことなく似ている。

迎えにきてくれたちえぞうさんが
私のポータルである種差海岸に連れて行ってくれる。

種差海岸は海と岩とみどりの芝生と風と空が包み込む場所。
水につながり、風につながり、芝生につながり。
足の裏と手のひらが大きなセンサーになる。
ざざざざっと大地と水のエネルギーが流れ込んできた。
b0159216_1254519.jpg



午後には白山台の公民館でNiaのワークショップ。
ドキドキしながら、でもとても透明な、沢山の方達がそこにいて下さった。

自分の体ってなんだろう、気持ち良い動きってなんだろう、
ココロとカラダってなんだろうって思いながら
そこにいて下さった沢山の方々。
ありがとうございます。

答えは皆さんの体の中にあります。
ココロの中にあります。
感覚の中にあります。
つながるココロとカラダのエネルギーがとても美しかった。

「また来て下さい」と私の思い出ノートに書いて下さった皆様。
必ず参ります。
だって八戸は私の大切な場所ですから。
[PR]
by whitemirror | 2011-07-31 01:26 | Nia的body
今日のRumiの言葉

One Song
Every war and every conflict
Between human beings has happened.
because of some disagreement about names.

It is such an unnecessary foolishness,
because just beyond the arguing
there is a long table of companionship
set and waiting for us to sit down.

What is praised is one, so the praise is one too,
many jugs being poured in to huge basin.
All religions, all this singing, one song.

The differences are just illusion and vanity.
Sunlight looks a little different
on this wall than that in does on that wall
and lot different on this other one,
but it is still one light.

We have borrowed these clothes,
these time-and -space personalities,
from light, and when we praise,
we are pouring them back in.

一つの歌。
一つの命。
一つの光。

何もかもがひとつ。
one.
今日はone
私とあなたもつながっている
[PR]
by whitemirror | 2011-07-04 13:32 | 表現
b0159216_13173585.jpg


夏野菜でペペロンチーノ。
うまうま。
牛乳とコールスローと一緒にね。
[PR]
by whitemirror | 2011-07-04 13:17 | 食べ物
b0159216_9111050.jpg


夏野菜を載っけたトマトパン
野菜の配置のセンスが今ひとつ。

奥のパンは中にベーコンとチーズ。

缶詰トマトを使っているのでパン自体がすご〜〜くトマト011.gif
[PR]
by whitemirror | 2011-07-02 09:11 | 食べ物