「ほっ」と。キャンペーン
先日、Niaのクラスに来てくださっている生徒さんから
「先生!私Niaに通いだして10年たったんですよ〜〜。」
とご報告をいただいた。
「ちょうど10年前の2月に始めたんです!」
寒い時期にいらしたのは覚えていたのだけれど、10年前とは失礼ながら思っていなかった。
「なんで10年ってわかったかというとね、5年日記、2冊目だったんです。」

なになに?5年日記??
初めて聞きました。
毎日ちょっとづつ、その日のことを記録しておくのだそうで、
それを見返したら10年前に「Niaに行った」と書いてあったのだそうです。
自分がしたこと、天気、周りの情報、冠婚葬祭。ちょっとだけ、書くのだそうで、
毎年同じ日が縦に並んでいるんだそうです。

今はブログとかあっていつ何をしたか気軽にかけるし、
それをみんなにお見せすることもでいるけど
手書きでちょっとづつ記録するっていうのも素敵だなあと
インスパイアされました。
で買っちゃいました。
b0159216_10302386.jpg
5年日記。
実は日記を長く書くのは苦手なのでちゃんと続けられるのかが心配ですが、
気負わずやってみようかなと。




[PR]
# by whitemirror | 2015-03-13 10:34 | Nia
久しぶりのお休み。
先日誕生日を迎え、お祝いをした父から電話。

「牡蠣を食べに行かないか?」

正直、父と二人で出かけるなんていったい何年ぶりだろう?
高校生、中学生、いや、小学生以来かもしれない。
そういえばなんで出かけなかったのかなあ?
別に父のことが嫌いとか、そんなこともなかったのに。
父も私も会社勤めをしていた時には
なかなか時間も合わなかったし。
父も引退し、私自身も仕事の形態が変わったことで
ようやく実現したということかな。
ということで昭和記念公園へ。
b0159216_23001327.jpg
そして牡蠣小屋
自分で焼いて、食べて、食べて食べて・・・食べて。
いっぱい食べました〜〜〜
b0159216_23050293.jpg
なんと二人で食べ放題58個。
よく食べました。
思うのだけれど、よく食べる人は長生きなんじゃなかろうか?
父の母、つまり祖母もただいま102歳。
そしてよく食べる人である。
99歳まで和式のトイレ使ってたし。
足腰強くてよく食べる人は長生き、なんだと思うな。

それにしても美味しかった〜〜〜〜。
また行きたいな。





[PR]
# by whitemirror | 2015-02-23 23:09 | 日常の風景
本日、6ヶ月の実践と座学の最終日、
ヨガのRYS 200時間の卒業テストに無事合格。
どきどきとワクワクの中で模擬レッスンをさせていただきました。
Niaのレッスンとはまた一味違った感覚。

四ツ谷にあるヨガ整体スタジオaratiでの学びは
先生方のしっかりとした信念と、確かな知識と技術で
深いものになりました。
そして何よりも大切な仲間の存在。

大変だった時期を、寄り添い、励まし、
そばにいてくれたみんなに、本当に感謝です。
そして、これからのたくさんの可能性と
希望を確かに感じられる、素敵な仲間たちです。

ほんとうにありがとう!
みんな大好き。

これからどんどん色々な方にヨガの楽しさ、
そしてヨガだけでなく、体と向き合う
体に寄り添うことの楽しさをお伝えしていかれたら
嬉しいなと思います。

b0159216_19133832.jpg
そしてご褒美の四ツ谷わかばのたい焼き!
たい焼き界のキングです!

b0159216_19134559.jpg



[PR]
# by whitemirror | 2015-02-07 19:15 | Yoga ヨガ
あけましておめでとうございます。

昨年、2014年は
Niaの動きを後押ししてくださる方に出会い、
Niaの新しい先生たちとの新しい動きが始まり、
ヨガのTTを取ったことでたくさんの素敵な友人たちに出会い、
プライベートにも変化が起き、
本当に変化に富んだ1年でした。

私に足りないこと、私がまだまだすべきこと、
それを学び、増やしていくこと、それが今年の私の進むべき道のようです。
まずは今日がその第1日目。
少しずつ、少しずつ。
丁寧に。
そしてできれば大胆に??

今年の終わりに、ああ、良い1年になったなと思えるように。
ゆっくりと進んでいきたいと思います。

b0159216_13320670.jpg
b0159216_13315990.jpg
b0159216_13312923.jpg



[PR]
# by whitemirror | 2015-01-01 13:33 | 日常の風景
大好きなお友達の桜乃まゆこちゃんの公演を観に行かせていただきました。
b0159216_22562013.jpg

いのちをいただく〜ゆるりら的いただきますの心〜
「いのちをいただく」内田美智子さん、諸江和美さん著の絵本を題材にした
パフォーマンスでした。

生きるということ、食べるということ、いのちをいただくということ
そして、「いただきます」の言葉の意味

それをもう一度心に刻んでくれる素敵な公演でした。

生きることはたべること、生きることは殺すこと、生きることはいただくこと。
それはいのち、そのものを、そしてその食べ物に関わるたくさんの人たちの命の時間をいただくこと。

「いただきます」その言葉に込められた深い感謝。
毎日のいただきますがもっともっと大切になる。本当に素敵な公演でした。

公演はもう1回、11月24日にもあります。お時間のある方は是非、
詳しくはこちらを見てください。
b0159216_22563203.jpg

I watched the performance of my wonderful friend Mayuko today.
The performance was " Inochi wo Itadaku" = receiving the life.
It was based on the picture book about the butcher and his son,also the beef cattle and her young girl owner.
It reminds me how much life I have to kill to live, how much people involve to grow,kill, carry and cook the food for me. People can not live all alone. Every single life made to live by some others.

"Itadakimasu" is the beautiful Japanese word that I really want whole world to know.
We use this word before we start eating.

"itadaku" means receiving with respect and gratitude.
"Itadakimasu" is the gratitude to the life who gave it to me, and also to the people who spent time for my food such as growing, killing carrying and cooking.





[PR]